魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

いやなことが世界から消える魔法

 

たいていのことは許せるよ

 

自分で自分を満たしておけば

 

たいていのことは許せるよ

 

自分で自分を丁寧におもてなしするように

自分で自分を満たすことを習慣にしておくんだ

 

つかれたりイライラする前に

充電しておくの

少しの時間でも

 

自分自身ともデートの時間

自分だけの自由な時間

 

 

そんな時間はないと思う?

 

 

何もしないで

ただ5分間すわってみよう

 

場所はトイレでもいいよね

 

 

ずいぶんと長く感じられると思うよ

 

たった5分でも、切り替えるのに充分だったりするんだ

 

いつも自分を充電する習慣を持つと

たいていのことは許せるよ

 

 

いやなことが消えるのは…

 

あなたが観じている、あなたの世界の中から、だよ