読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

成長してるね

 

いつものパターンにさよならする時

空っぽな氣持ちになることがあるよね

 

 これで良かったのかなと思ったり

すっきりしたような、でも寂しいような

 

 

それでいいんだよ

信頼してね

成長してる過程なんだ

 

変化の1歩を踏み出した自分を

たくさんほめてあげてね

休みながらゆっくり進んでもいいんだよ

 

自分のパターンに自分で氣がつくだけでも

すごいことなんだよ!

 

 

広告を非表示にする