読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

素敵な夢を

 

寝ている時は、魂が体を抜け出して、

夢の世界を旅するんだって

 

毎晩、眠りにつくときは

その日、楽しかったこと、嬉しかったこと、感謝したこと

面白かったこと、ほっとしたこと、ニッコリしたこと

それだけを思い出してみて

 

そうしたら

きっと素敵な旅先にワープするよ

 

 

そして、朝起きたら

今度は、体と魂がひとつになった夢の旅が始まるんだ

 

 

どちらの夢の旅も、味わって、体験して、楽しんでね

 

素敵な夢を☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする