読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

本当によくやってるね!

 

自分で自分に、よくやってるねって

認めてあげよう

 

今までに達成したこと、どんなに小さなことでも

10個くらい書いてみて

 

 

どんな氣分かな?

 

 

自分で自分を認めてないと

他の人の評価が気になるし

他の人の顔色を伺ってしまうんだね

 

自分を肯定してくれる人を外に探さないで

 

いつだって肯定してくれる

もう一人の自分が、いつも一緒にいること

忘れないでね

 

まずは、《自分で自分を認めるふり》でもいいんだよ

大丈夫、誰も見てないから、こっそりやってみてね

 

でもね、実は・・

何も達成しなくても、幸せに生きていいんだよ

知ってた?