読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

人生を楽しむ達人からの伝言

 

いいことがあった日は

楽しいかな?

 

何も起こらなかった日は

つまらないかな?

 

晴れの日も雨の日も

どちらも味わえたら

人生を楽しむ達人に近づいてるよ

 

達人技のひみつのひとつは

これはいいこと、つまらないこと、わるいこと

というラベルを貼るのをやめることだって