読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

ゆったり豊かな魔法

 

ゆったり豊かな時間をふやすには

 

息を吐きながら

余分な力を

ふ~っと、抜いていきます

 

そして、今、することをひとつ決めて

それに集中してみると

 

『あれも、これも、早くしなきゃ!』が

すぅーっと、消えていくよ

余分な『やらなきゃ』が抜けていくよ

 

ゆったり豊かな時間をふやすには

することをへらすといいよ