読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

エネルギー循環のふしぎの法則

 

例えばね

誰かに何かプレゼントしたり、ボランティアしたり

見返りを求めず喜んで何かを与えた後・・

 

何が起こるか?

 

 

 

・・何も起こらないかもしれない・・

 

 

目に見える部分(現象界)では。

 

 

その相手からは直接、何もお返しはないかもしれない

 でもね、必ず、『徳』や『運』と呼ばれるようなものが貯まっていくみたい

きっと、目に見えない部分(潜象界)に、貯まるところがあるんだね

お天道様は見ているよって言葉に、近いかもしれない

 

 面白いのはね!

エネルギーを与えると

与えた先とは全く関係ないように思う場所から

返ってくること、よくあるよ

 

たいていは

予想外の誰か、思いがけない場所から

何かあなたが喜ぶものが、返ってくるんだ

どこからともなく、引き寄せられてくるように

すぐだったり、忘れた頃に・・かもしれないけどね

 

慣れてくると

どんなギフトが、いつどこで、どんな風にやってくるのかなぁって

信頼して待つことだって楽しめるよ

 

普段から、自分が喜ぶもの、本当に欲しいものを思い出しておくと

より嬉しい展開につながるかもしれないね

 

f:id:magical-bakery:20151118213958j:plain

 

もしも私たちがひとつの大きな海だとしたら

与える、受け取るという概念自体がなく

増えた、減った、というのも幻で

自分も他人もなくて

自分自身の中で、循環しているだけなんだ

大きな海の中で、優しい波が、自由に行ったり来たりしてるみたいに

 

だから安心して、楽しく与えて、喜んで受け取ってね♡

 

 

f:id:magical-bakery:20151118213919j:plain