読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

それは誰の願い事?

 

いつか誰かが、あなたに何かを要望するかもしれない

誰かがあなたや、あなたが持っているものに期待することと

あなたが本心からやりたいと感じることを

 

区別しよう

 

誰かがやりたいことと

自分がやりたいことを

混同しないようにね

 

もしも、誰かが望むことと、あなたが本心から求めることが一致した時は

あなたは考える余地もなくYES!と言うだろうね

 

でもね、誰かが話すことは時には

あなたを次のステップへ導いてくれる、なぞなぞのヒントが隠されているよ

キーワードを、よーく聴いてね