読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

冒険のサイン

 

嫌だなぁと思う人が繰り返し人生に現れたら

そこはもはや

あなたが幸せを感じられる場所じゃないのかもしれないね

 

運命がその人を遣わせて

それはもうやめたらどうかな?って

ささやいてるよ・・

 

あんまり居心地が良すぎると

あなたにとって実はもっと良いところがあるんだなんて・・

想像もつかないからね!

 

その人は、嫌な人のふりをした、幸せへの導き手

 

未来のあなたが、あの時は本当にありがとう!って感謝してるのが見える?

 

 

 

 

 

広告を非表示にする