読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

あなたへのメッセージ

 

今日、誰かが何かを、あなたに向けて話した時

それは、あなたへのメッセージかもしれない

自分では氣づいていないこと

伝えてくれてるのかもしれない

 

 

今日、誰かが何かを、あなたに向けて話した時

その言葉は

それを話した人のもの、単にその人自身の体験

それ以上のものではないかもしれない

 

少しだけ時間をとって

両方の視点から

聞いた話を感じてみて

 

 

 

寝る時間になったら

何もかも忘れて

おやすみなさい☆

 

 

P.S.

この話もね