読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

舞台裏

 

何かの役を演じているとね

その役に応じた、その役割を求めている人が

引き寄せられてくるよ

 

例えば

パン屋さんを演じていたら

パンを食べたい人がやってくる

 

便利屋さんを演じていたら

頼み事をお願いしたい人が

どんどんやってくる

 

時には、役を降りて

何も演じていない自分に還ろう

 

舞台裏では

ただただ何もしなくてもいいし

 

何にでもなれる可能性を

見つける時間にしてもいいね

 

 

広告を非表示にする