読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

魔法の森の願い

 

 魔法の森を訪れるお客さまが

 よく言われることは・・

  

  老後になったら

  こんなことしてみたいな

  こんな暮らしに憧れるな 

 

 そんな時、魔法の森から聴こえてくるのは・・

 

 

  『そんなに待たなくても、できるよ

  本氣だったら!

  本当なんだけどな、信じてくれるひとがいたら、いいな』

 

  

 

 

 

 

 

広告を非表示にする