読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

豊かな森より

 

魔法の森によるとね

豊かさって

ちょうどいいこと、なんだって

 

あり余るほど、たくさんあることじゃなくて

その人にとって、いつも、ちょうどいいくらいある

 

どれくらいが、ちょうどいいかな?

 

 

 

 

 

広告を非表示にする