読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の森からの手紙

ある南の島の小高い丘の上に、不思議な森がありました。                    そこには、妖精のような小さな人間がいて、時々、パンを焼いているのです。          その小さな人が、不思議の森でパンを作っていると・・                       森からのメッセージが伝わってくるようになりました。                         そのメッセージを、『魔法の森からの手紙』の中に、 こっそり書き記しておきますね。

もう1日だけ

 つまらないこと、まだ実際には起こってもいない不安なこと

今日もまた(笑)考えるのやめると決めてみたら

どうなるかな?

 

今できることをやったら

あとはもう、いい氣分でいよう

いい氣分でいるには

体に聞いてみるといいよ

 

『今、何したい?』って

 

美しいものを見たり、大好きな音楽を聴いたり

花の香りを探したり、美味しいもの食べたり

歌ったり踊ったり、好きなだけ眠ったり

モフモフの動物をなでたり

手をつないだり

 

今日だけは

体に好きなことさせてあげる日にしてみるの、どう?

 

 

 

 

広告を非表示にする